西宮市・JR甲子園口駅から徒歩すぐの『あさくら皮フ科クリニック』女性医師で皮膚科専門医の院長が丁寧に診療しております。アトピーやニキビ、蕁麻疹などの疾患から美白、薄毛治療までお肌の悩みなら気軽にご相談ください。

しみレーザー治療

しみレーザー治療について

Qスイッチルビーレーザーでシミやそばかすなどの色素性疾患を治療します。

>>あざのレーザー治療はこちら

Qスイッチルビーレーザーとは

しみレーザー治療イメージ

Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素への吸収率が高い694nmの波長帯をもつことが特徴です。シミやそばかす、あざなどの色素性疾患はメラニン色素が原因で引き起こされるため、Qスイッチルビーレーザーで治療が可能です。高いパワーのレーザー光を照射することで周辺の組織を傷つけることなくメラニン色素だけを選択的に破壊します。

Qスイッチルビーレーザーが適応となる疾患

保険適応

  • 太田母斑
  • 異所性蒙古斑
  • 外傷性異物沈着症(外傷性刺青)
  • 扁平母斑(カフェオレ斑)

保険適応外

  • 老人性色素斑(老人性シミ)
  • 脂漏性角化症(老人性イボ)
  • 後天性真皮メラノサイトーシス・遅発性両側性太田母斑(ADM)
  • 口唇メラノーシス(唇のシミ)
  • 雀卵斑(ソバカス)
  • 伊藤母斑
  • ベッカー母斑
  • タトゥー・入れ墨・刺青(黒色・青色)
  • コスメティックタトゥー(眉墨、アイライン等)
  • アートメイク(眉など)
  • 光線性花弁状色素斑(背中~肩に多発するシミ)

シミの種類

老人性色素斑
老人性色素斑

20~30歳代からでき始め、加齢に伴って皮膚の代謝が衰えてくると濃くなっていきます。紫外線や加齢により肌の代謝が低下することによりできるシミです。40~50歳代がピークですが、それ以降も新しくできたり濃くなったりします。最初は淡褐色ですが、どんどん色が濃くなり境界がはっきりしてきます。大きさは数ミリから数センチと個人差があります。このシミが隆起して盛り上がったものを脂漏性角化症(老人性イボ・しみイボ)と言います。予防は紫外線を浴びないことです。色の薄いものはスキンケア、飲み薬、塗り薬で治療します。色が濃く目立つものはレーザーで治療します。

そばかす(雀卵斑)
そばかす(雀卵斑)

顔にできる細かい茶色のシミです。5mm以下のシミが左右対称性にたくさんできます。遺伝的な要因が強く、紫外線により悪化します。色白の人にできやすい傾向があります。若い女性にできやすく、早ければ5歳くらいからでき始め、思春期にかけて濃くなります。幼少期のそばかすは自然に薄くなる可能性があるため、思春期以降の治療をお勧めします。治療方法は内服薬、ピーリング、IPL(ライムライト)、レーザーがあります。治療をしても生活習慣により再発しやすいシミです。治療中、治療後は紫外線対策をしっかり行うようにしてください。

炎症性色素沈着
炎症性色素沈着

炎症をきっかけに肌内部にメラニンが蓄積されてしまいシミのようになった状態です。ニキビや虫刺され、やけど、傷、アトピー、湿疹などの炎症が起こると、メラノサイト(表皮に存在するメラニンを作る細胞)が刺激を受けて活性化し、通常よりも過剰にメラニンが生成されてしまいます。通常メラニンは肌のターンオーバーにより時間が経過すると肌の外へ排出されますが、メラニンが大量にあるため排出しきれず肌内部に蓄積してしまい色素沈着になります。洗顔などで肌を強くこする、刺激の強い化粧品の使用、毛抜きの使用、衣類の摩擦など、見た目にはわからない程度の炎症が長期的に続いた場合も同様に色素沈着になることがあります。治療方法は、まず原因となる炎症を抑えて活性化したメラノサイトを落ち着かせます。また、肌のターンオーバーを整えてメラニンの排出を促すため、生活習慣やスキンケアの改善、ストレスの回避、紫外線対策が必要です。その上で、内服薬、塗り薬、イオン導入、エレクトロポレーションでの治療を行うことがあります。状態により、ピーリング、レーザートーニングを行うこともありますが、刺激により悪化することがあるため注意が必要です。炎症の期間が長期であったり、沈着の程度が重度のものは完全に回復しないことがあります。

肝斑
肝斑

主にほほ骨のあたりに左右対称にできる境界のはっきりしないぼやけた淡褐色のシミです。額や鼻下にもできることがあります。主な原因は女性ホルモンと考えられており、妊娠や出産、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れにより肝斑ができるとされています。また肌への刺激や紫外線で悪化するため、正しいスキンケアと紫外線対策が必要です。肝斑は女性にできることがほとんどで、特に30歳~50歳代の女性にできやすいとされています。閉経を迎えると薄くなることがあります。基本的な治療はスキンケア、飲み薬、塗り薬です。状態によりレーザートーニングを行うこともあります。その他、ピーリング、イオン導入、エレクトロポレーション、インディバなども行うことがありますが、刺激により悪化することがあるため注意が必要です。

遅発性両側性太田母斑様色素斑(ADM)
肝斑

両頬骨付近や鼻翼が後発部位の後天的にできる灰色がかった褐色をしたアザの一種です。ADMと肝斑は、好発部位や形状、色素など、見ための印象が似ているために、鑑別が難しいケースもありますが治療方法が異なります。一般的なシミはメラニンが表皮に存在しますが、ADMはより深い真皮層にメラニンが存在しているので、深い層までしっかり届くQスイッチレーザーしか効果が出せません。また、1回の治療で終了することは難しく、6ヶ月前後の間隔で、複数回(平均3~4回)の治療が必要です。ADMの治療はダウンタイムが強く、レーザー後1週間〜2週間でカサブタがとれた後、80%近い方に炎症後色素沈着が生じます。しかし、色素沈着は一時的な肌の反応ですので時間とともに必ず薄くなり、レーザー治療を重ねることでADMは軽減・消失していきます。色素沈着を出来る限り早く軽減させるために、治療後は刺激や紫外線を避けてください。ハイドロキノンなどの外用薬やピーリング、美白成分の導入なども色素沈着の早期改善に有効です。

『The Ruby Z1』の特長

しみレーザー治療の特長1

『The Ruby Z1』は特許取得のカライドスコープ・ハンドピースを使用することにより、トップハット型の均一なエネルギーを与えます。

それにより、正確でムラのない治療を行うことができます。 一方、他のルビーレーザーに代表されるガウシアン型やダブルスポットのレーザー光は、エネルギーの強いところと弱いところができてしまいます。

しみレーザー治療の特長2

レーザー治療後の経過

レーザー照射当日

レーザー照射後、テープで保護し軟膏を塗ります。テープを貼ったまま、洗顔・メイクをしていただいて構いません。紫外線・摩擦等の刺激は避けてください。

翌日~カサブタが取れるまで(約7~14日目)

カサブタが取れるまで(約7~14日間)は、テープをはがさないようにしてください。ただし、テープがはがれた場合は、新しいテープを貼ってください。軟膏はテープの上から朝晩1日2回塗ってください。茶色い薄いカサブタができることがあり、この下に新しい皮膚が再生されます。カサブタには新しい皮膚を保護する役割がありますので、決して無理にはがさず自然に取れるまでお待ちください。紫外線・摩擦等の刺激は避けてください。

カサブタが取れてから(約7~14日目以降)

カサブタが自然に剥がれたら、テープは貼らなくて構いません。少なくとも3ヶ月間は必ず日焼け止めを使用し、紫外線・摩擦等の刺激は避けてください。レーザー後の赤みや色素沈着は一般的には3~6ヶ月程度で改善します。肝斑が混在している場合や皮膚に炎症がある場合、アフターケアが不適切な場合は、赤みや炎症後色素沈着が起こりやすく長引きやすいとされています。
※症状により、処置方法や経過が異なる場合があります。

しみレーザー治療後の経過

  • 治療前 治療前写真

  • 治療直後 治療前写真 照射した部分が白く変化することがあります。10分ほど経つと白くなった部分は灰色になり徐々にかさぶたを形成していきます。

  • 3日後 治療前写真 レーザー後1週間内にカサブタができます。カサブタが自然に剥がれるまでテープで保護します。

  • 10〜14日後 治療前写真 カサブタが剥がれたらテープは貼らなくて構いませんが、少なくとも3ヶ月間は患部にも必ず日焼け止めを使用し紫外線・摩擦等の刺激は避けてください。

  • 約1ヶ月〜6ヶ月後 治療前写真 治療後6ヶ月で赤みや色素沈着が消退します。※個人差があります。

●治療後の注意事項
  • レーザー後のかさぶたは無理にはがさず自然にとれるのを待って下さい。
  • 治療後少なくとも3ヶ月は紫外線対策に充分気をつけてください。赤みや色素沈着が消えるまでは、できるだけ患部を擦らないように気をつけてください。
  • レーザー後の色素沈着や赤みはケアをしっかりしていただくことで目立たなくなっていきます。顔の場合3~6ヶ月かけて徐々に改善することが多いです。

治療の流れ・注意事項

●処置時間
約5分~30分(数や範囲により前後します)
●ダウンタイム
レーザー後~カサブタが剥がれるまで約1~2週間、レーザーを照射した部位をテープで保護していただきます。
レーザー後の赤みや色素沈着は徐々に消退します。個人差がありますが、顔で半年~1年、その他の部位は数年かかることがあります。
●治療後の注意事項
  • レーザー後のかさぶたは無理にはがさず自然にとれるのを待って下さい。
  • 治療後少なくとも3ヶ月は紫外線対策に充分気をつけてください。赤みや色素沈着が消えるまでは、できるだけ患部を擦らないように気をつけてください。
  • レーザー後の色素沈着や赤みはケアをしっかりしていただくことで目立たなくなっていきます。顔の場合3~6ヶ月かけて徐々に改善することが多いです。

料金のご案内(消費税込)

初診料・再診療

  • 初診料…2,500円
  • 再診療…1,000円

●日光(老人)性色素斑・軽症のそばかす

範囲 価格
10mmまで 11,000円
11mm以上、+5mmごとに +5,500円

●そばかす(日光性色素斑は対象外)

部位 価格
両頬 88,000円
両頬+鼻 110,000円

●遅発性太田母斑様色素斑(1回につき)

部位 価格
両頬上部 55,000円
55,000円
両鼻翼 55,000円

診療時間
 9:30~12:30
15:00~16:00
(予約制)
16:00~19:00

※午後診療最終受付…18:30

休診日水曜・土曜午後・日曜・祝日

お盆・年末年始などの休診日についてはお知らせにてご確認ください

地図

〒663-8113 兵庫県西宮市甲子園口2-4-10 2階

ご予約以外のお問い合わせ・美容診療のご予約

0798-68-1211

提携コインパーキングはこちら>>

  • 提携コインパーキングをご利用いただく場合は駐車証明書と引き換えに補助券をお渡しいたします。
  • 提携コインパーキングが満車の場合もございます。その際は近隣のコインパーキングのご利用をお願い致します。その旨ご了承ください。