デュピクセントとは

デュピクセントはアトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみの原因をブロックする注射薬です。今までの治療で十分な効果がなかった中等症以上のアトピー性皮膚炎の患者さんに対して高い改善効果があります。副作用が少なく安全性が高い治療薬です。ただ、顔の症状には効きにくいです。

デュピクセントが適応となる方

 以下のとおりです。

  • 15歳以上
  • アトピー性皮膚炎の方
  • ステロイド・プロトピックなどの抗炎症外用薬を一定期間投与しても十分な効果が得られない方

治療効果について

 以下のように報告されています。

  • 80.2%の人が投与開始後16週時に症状が50%以上改善、68.9%の人が投与開始後16週時に症状が75%以上改善、39.6%の人が投与開始後16週時に症状が90%以上改善。
  • 治療開始後2週間時にかゆみの改善がみられ、治療開始後16週時にはかゆみが開始前より56.6%減少。

 注射を開始して数回で痒みや皮膚の症状が改善する方が多い印象です。

副作用について

 起こりやすい副作用は以下のとおりです。

 ● 注射部位反応

  デュピクセント®を注射した部位に、発疹や腫れ、かゆみなどの症状がみられる場合があります。

 ● ヘルペス感染

 ● 結膜炎

  目やまぶたの炎症症状(赤み、腫れ、かゆみ、乾燥など)がみられる場合があります。

治療スケジュール

 通常、成人には初回に600mg、2回目以降は300mgを2週に1回皮下投与します。

 医師により適用が妥当と判断された患者さんについては、自己注射も可能です。

 自己注射を行うために、最低2回の指導を院内で受けていただきます。

 ※デュピクセント注射開始後も原則として外用薬は継続します。

 

デュピクセントはアトピーの原因に根本からアプローチするアトピー性皮膚炎の新しい治療の選択肢です。治療に際してはまずご来院いただき、症状をスコア化してデュピクセントの治療が適応がどうかを判断します。また、デュピクセントは高額な治療(初回投与(2本)が39,937円、2回目以降(1本)19,969円)となります。ですので、医療費や高額医療費の助成について説明した上で、ご自身で治療を行っていくか決めていただきます。 治療が確定したら、次回来院時よりデュピクセントの注射を開始します。

 

デュピクセントで全てのアトピー性皮膚炎の人が100%改善するわけではありません。ただ既存の治療よりも効果が高く大きな副作用も少ないので、これまでの治療で症状がなかなか良くならなかったり、毎日たくさんのステロイドを塗っている患者さんにはお勧めしたい治療です。