ニキビ・蕁麻疹・アトピー性皮膚炎などの皮膚科疾患の診療

問診票ダウンロード

0798-68-1211

診療内容

- Medical -

にきび、アトピー性皮膚炎などの日常の疾患から、やけどなどの急性疾患まで皮膚に関するあらゆるトラブルに対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。 また、重度の皮膚疾患で入院・手術等が必要な場合は、適宜医療機関を紹介させていただきます。

にきび
(尋常性痤瘡)

にきびは毛包を病変の主座とする慢性炎症性疾患です。

にきびは炎症性にきびと非炎症性にきびに分けられます。

長期にわたり繰り返しできる非炎症性にきびを抑制するための維持療法と、発赤や化膿を伴う炎症性にきびを改善するための急性期・炎症期治療を組み合わせて治療していく必要があります。

蕁麻疹

蕁麻疹は何らかの刺激により皮膚内でヒスタミンという物質が放出され、赤い発疹や少し隆起した地図状の膨疹、発赤とかゆみが生じる疾患です。
アレルギー性の蕁麻疹と非アレルギー性の蕁麻疹があります。

原因が明らかな蕁麻疹は、その原因を避けることにより治療します。原因不明の蕁麻疹は、薬を内服をして治療していきます。

水虫・爪白癬

白癬は白癬菌が角質等に感染して炎症を起こすことによる皮膚疾患です。

癬菌は皮膚の角質や爪・毛にあるケラチンを栄養にするカビの1種です。

白癬に似た症状の皮膚疾患は多く、視診だけでは判断できないことが多いため、診断には病変の角層を採取して顕微鏡検査で白癬菌を見つけることが必要になります。

タコ・ウオノメ
(胼胝・鶏眼)

鶏眼は慢性的、物理的な圧迫刺激により限局的に角質が硬くなったものです。分厚くなった角質の中心が芯のようになっているため、圧痛があります。

胼胝も鶏眼と同じ原因でできますが、角質が全体的に分厚くなっているため、圧痛がないことが多いです。圧迫や摩擦などの機械的な刺激が反復している部位、骨の突出している部位によくできます。慢性化すると真皮まで線維化します。足の裏以外に、ペンだこや、正座による座りだこなどがあります。

帯状疱疹

帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスによる感染症です。水痘帯状ウイルスは水痘(水ぼうそう)の原因ウイルスでもあります。水痘が治った後も、ウイルスは体内に潜伏感染します。加齢やストレス、過労、病気などをきっかけに、ウイルスに対する免疫力が低下すると、潜伏していたウイルスが活動を再開し、帯状疱疹を発症します。

一般的には身体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状に、赤い発疹や水疱が出現します。神経の炎症により痛みが生じます。神経の炎症により神経に強い損傷を生じると、帯状疱疹後神経痛という後遺症が残ることがあります。

抗ヘルペスウィルス薬によりウイルスの増殖を抑制するのが基本的な治療になります。併せて、疼痛や合併症に対する治療を行います。早期治療開始により、皮膚や神経の炎症が悪化するのを防ぐことができます。

帯状疱疹ワクチン

小児の水痘予防に使用されてきた乾燥弱毒生水痘ワクチンを接種します。
接種対象年齢は50歳以上、任意接種で自費になります。

詳細はコチラ

アトピー性皮膚炎

悪化や改善を繰り返す慢性(乳児期で2ヶ月以上、それ以外で6ヶ月以上)の湿疹で、長期間に及ぶことが多い病気です。子供の頃に発症して成人になると軽快することが多いですが、成人になってから再発したり重症化することもあります。
アトピー性皮膚炎の原因や憎悪因子はたくさんあり、除去できないものが多いです。アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、皮膚の最も外側の層にある角層の異常により皮膚のバリア機能が低下しています。そのため冬の乾燥や夏の汗、衣類の刺激などに対して皮膚が弱く、炎症を起こしやすい状態になっています。
治療は、症状や部位に応じてステロイド剤、免疫抑制剤、非ステロイド剤、保湿剤などを外用することと、抗アレルギー剤の内服が中心になります。その他に、アレルギーを有している場合はそれを避けたり、汗や乾燥、洗剤など日常生活での悪化要因となる刺激を避けること、ストレスを避けることなどが必要です。

いぼ(尋常性疣贅)

「ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)」と言われるウイルスが、小さな傷口から皮膚に入り込み感染して発症します。外傷を受けやすい露出部、とくに手指、足底、膝、顔面が好発部位です。うおのめに似ていることがありますが、削るとうおのめと違って出血しやすいので、簡単に区別できます。しかし、古いいぼでは角質が厚くなって区別が難しくなります。一般に子どもにうおのめができることは少なく、いぼのことが多いです。

治療は、液体窒素でいぼを凍結、融解(ゆうかい)する凍結療法が一般的で、定期的にいぼがなくなるまで行います。漢方薬のヨクイニンの内服や角質を溶かす貼り薬を凍結療法に組み合わせるとさらに効果的な場合もあります。

難治性で数が少ないものは手術的に取り除くこともあります。保険治療で改善しないものは保険外の治療方法を選択することもあります。
(保険外治療ではビタミンD₃軟膏外用療法、フェノール液外用療法、モノクロロ酢酸外用療法があります。治療の適応があるかは診察での判断になります。)

いぼの自費診療はコチラ

とびひ(伝染性膿痂疹)

細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。原因となる主な細菌は、黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌の2種類です。

黄色ブドウ球菌は、健康な人の皮膚の表面や鼻の中にいる常在菌です。傷口などから皮膚に入り込み、増殖するときに出す毒素がとびひを発症する原因になります。とびひの多くは、この細菌が原因です。

化膿性レンサ球菌は、健康な人の鼻の中やのどにいる常在菌です。傷口などから皮膚に入り込むと、とびひを発症する原因になります

治療には、主に抗菌薬を使います。必要に応じてかゆみを抑える薬なども使います。

エキシマライト
光線療法

エキシマライト光線療法

尋常性白斑や乾癬、円形脱毛症などの紫外線治療として、PUVA療法やナローバンドUVB療法が知られています。
エキシマライト光線療法は、それらよりさらに効果が高いと言われている308nmの紫外線を患部に照射して治療する光線療法です。
照射に要する時間は5~10秒ほどです。
痛みはなく安全性の高い治療方法です。
従来の治療と併用して、週1回受けていただくと効果的です。

効果のある疾患
  • 乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • 尋常性白斑
  • 類乾癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 円形脱毛症
治療を受けられない方
  • 光線過敏症のある方
  • 皮膚悪性腫瘍の合併・既往のある方
  • 免疫抑制剤内服または外用中の方
副作用

過剰な照射をするとやけどをすることがあります。
健康な皮膚に照射せず患部だけに照射することでリスクを低く抑えられます。

pagetop