保険適応レーザー治療|太田母斑・異所性蒙古斑など

問診票ダウンロード

0798-68-1211

保険適応レーザー

- Laser -

あざの
種類と特長

太田母斑

太田母斑

思春期の女子に多い顔の片側にできる淡青色のあざ
(色素の量や深さによりレーザーの効果は異なります。治療回数は3~10回と個人差があります。)

異所性蒙古斑

異所性蒙古斑

腰臀部以外に生じた蒙古斑(新生児の腰臀部や仙骨部にみられる青色のあざ)
(色素の量や深さによりレーザーの効果は異なります。治療回数は3~10回と個人差があります。)

外傷性色素沈着症

外傷性色素沈着症

外傷により皮膚の中に砂やタールなどの色素が沈着したもの
(色素の量や深さによりレーザーの効果は異なります。治療回数は3~10回と個人差があります。)

扁平母斑

扁平母斑

多くは生下時に出現し、2~3歳までにはっきりする茶褐色のあざです。皮膚以外には症状を認めません。
ルビーレーザーなどのQスイッチレーザーで治療をしますが、ほかのあざと異なりレーザー治療をしても高い確率で再発することがあります。中には改善する方もおられますが、再発を繰り返したり色が濃くなることもあり、効果には個人差があります。ある程度の大きさがある場合は、部分的にテスト照射をして1~3ヶ月後に効果を確認してから、全体に治療をされることをお勧めします。
(レーザーの効果には個人差があります。再発を繰り返したり、悪化する場合もあります。)

※反応した色素が排出されるまで時間がかかるので、少なくとも3ヶ月以上間隔をあけ、通常6ヶ月間隔でレーザーを照射していきます。
※浅い部位に色素がある場合は、レーザー後に1~2週間ほどかさぶたがつくことがあります。

保険レーザー
治療の流れ

01.前処置
治療する部位にテープやクリームの麻酔薬をつけます。
麻酔が効くまで1時間ほどかかりますので、その間お待ちいただきます。

arrow

02.レーザー照射

レーザーを照射します。

レーザー照射

arrow

03.アフターケア
軟膏を塗り、ご自宅での処置方法と注意事項を説明します。
レーザー後1週間ほど軟膏を塗っていただきます。

※レーザー1週間後と1か月後に受診をしてください。
※レーザー後の赤みや色素沈着は徐々に改善しますが、取れるまで時間がかかります。治療後はUVケアをしてください。

保険レーザー
料金のご案内

頭頚部、左上肢、右上肢、左下肢、右下肢、腹部、 背部の
それぞれの部位ごとに料金がかかります。

料金表

4㎠ 未満 20,000円×自己負担割合
4~16㎠ 未満 23,700円×自己負担割合
16~64㎠ 未満 29,000円×自己負担割合
64㎠ 以上 39,500円×自己負担割合
太田母斑・異所性蒙古斑・外傷性色素沈着症
同一部位に対し初回治療を含め5回まで保険適応があります。6回目からは自費になります。
扁平母斑
同一部位に対し初回治療を含め2回まで保険適応があります。3回目からは自費になります。(テスト照射は自費になります)

pagetop